敏感肌はバリアの層を作り上げること

季節の変わり目になると肌荒れするという人や、ちょっとした刺激でもすぐに赤くなってしまう、肌が炎症しやすい人は化粧品選びに苦労するようです。

そのような肌の人は敏感肌であることが考えられます。

敏感肌の人は、肌の表面がめくれ上がっているそうです。

そのめくれ上がったところに外気からのダメージが入ってくると、炎症をおこしたり、赤くなってしまったりします。

敏感肌の人は、水分をただ与えていくことだけでは、改善されていきません。

改善するには、まずめくれ上がった皮膚を治さなくてはなりません。

肌が弱い敏感肌の人は、セラミドが良いと言われているそうです。

セラミドは、浸透性の高い美容成分です。

保水する力が高いとも言われています。

保水とは保湿とはまた違います。

肌に水分をため込む力です。

水分が肌内部に留まっていることでしっとりした肌に導きます。

セラミドは、水分をため込む力のほかに、肌の表面にバリアの層を作り上げる効果もあります。

肌の表面にバリアの層ができると、内側にため込んだ水分を逃さないようにしてくれます。

外側のダメージから肌を守る役割も果たしてくれるといいます。

敏感肌の人は、紫外線に人1倍気をつけなくてはなりません。

冬でも日焼け止めクリームを塗って出掛けるようにします。

日傘までさす必要はありませんが、晴れた日は帽子をかぶって過ごすと良いといいます。

刺激に弱い肌なので、部屋をつねにクリーンな状態に整えておくことも大切です。

Read More